こちらのイベントは終了いたしました。

沢山のご来場、誠にありがとうございました。 

尚、今回の「顔と擬音」作品はこちらで拝見できます。→クリック

 

 「顔と擬音」 

10 piecec exhibition 10枚のTシャツで表現できること

   松下ナオユキによる「顔と擬音」をテーマに

   10枚のTシャツにより表現されるアート展。

■展示コンセプト

 効果音でもなく、名詞でも動詞でも形容詞でもない不思議な存在の「擬 」というカテゴリー。

 ワタクシはいつもそのひとつの擬音から見えてしまう背景、色彩、臨場 、躍動等が

  ぐるぐる渦巻いた壮大な物語 に惹かれてしまいます。

 今回は表情と擬音が織りなす素敵でグロテスクなグルゥゥゥゥゥゥブを楽しんでみたくなりまして、

 どうかそのリドゥム感と粘っこさと暑苦しさとのストーリーを否応無しにぶつけて楽しみたいと思います。

 10枚のTシャツを見た後、見た事もない表情と鳴らした事のない擬音をどうか貰ってやって下さい。

 

■10 piecec exhibition とは?

  久米繊維工業本社 プレスルームにて

     10枚のアートTシャツが放つ存在感によって、

     同じ空間の空気感がどのように変化するのかを検証していく実験的な展示会です。

     10という数、そしてTシャツという素材ゆえの面白さ、意外性、難しさ・・・

     アーティストが想いを込めた10枚のTシャツの力によって、そのシンプルな空間は、

  まったく違う表現を見せ始めます。

     10 piecec exhibition ホームページhttp://www.kume.jp/10PiecesExhibition/index.html

 

■作者 プロフィール

   

   松下ナオユキ Designer/Musician

   グラフィテーのようなデザインに筆ペンを使用した独自のタッチで

   独自の世界観を含んだ作品を表現し、バンドTシャツ、CDジャケット、

  フライヤーなど自身のバンド以外でもデザインを数多く手がける。

   1980  横浜生まれ

  1998    東京造形大学  環境造形学科 入学

   1998    自身の参加する PINKRIBBONGUN 活動を開始する。

  2007  クリエイティブプロジェクト KING OF ROACHI にデザイナーとして参加。

   圧倒的なステージパフォーマンスを誇る

   ボーカリストとして、枠に捕われない表現者として

  俗世間に迎合しないスタイルで数多くの聴衆の支持を集めている。

■期間 2/25〜3/19 (日曜・祝日 お休みとなります)

 8(土) 15(土) の2日間は、松下ナオユキ 本人来場。

 8日、15日に関する詳細コメントUP

 

■時間 AM10:00〜PM17:00

■場所 久米繊維工業 株式会社 本社プレスルーム1F

  

■住所 東京都墨田区太平3-9-6

■電話 03-3625-4188

■アクセス JR総武線「錦糸町駅」北口

        東京メトロ半蔵門線 「錦糸町駅」」4番出口

■お問い合わせ IDENTITY株式会社 こちらから

                        http://identity.co.jp/